老舗店も少なくない

葛飾区柴又には、250年続く老舗の鰻料理店、川千家があります。江戸の風情をそのまま残す店構えは、まるで旅館のように豪勢です。店内には大座敷もあるので、宴会や法事などにも最適、コースは松竹梅の3種類が用意されています。もちろん1名客でも大歓迎ですから、日本酒をちびちびやりつつ、自慢の蒲焼に舌鼓を打ってはいかがでしょうか。その際は料理だけでなく、ぜひ内庭も愛でてきてください。和の雰囲気を存分に楽しめるため、海外の友人を連れて行くのもおすすめです。そして、東京のご当地グルメと言えば、もんじゃ焼きも外せません。同じく柴又にあるもんじゃ焼と陸は、お好み焼き店を営んでいた祖母の影響を受けたというオーナーが店を開きました。昔ながらのもんじゃ焼きの味を継承しつつ、新しい創作メニューも積極的に考案、アルバイト店員作のメニューも取り入れます。こちらで新たな定番もんじゃとなりつつあるのが、ホワイトもんじゃです。一般的なソース味とは違い塩で味付けるもんじゃはさっぱり、食材の旨味がしっかり味わえる、飽きの来ない美味しさが特徴です。それから、立石には昭和33年から営業を続ける立ち食い寿司屋の栄寿司があります。一口で頬張るのが大変なほどネタが大きいにも関わらず、リーズナブルな料金設定で人気が高いです。シャリの味を薄めにすることで、新鮮なネタの旨さを引き立てます。品切れの可能性があるので、目当てのネタがあるなら早めのお出かけをおすすめします。

新着記事リスト